FAQ よくある質問

サバティカル製品について、よくいただくご質問を掲載しています。
ページ内の項目で問題が解決しない場合や該当する掲載が無い場合はお手数ですが、
こちらからお問い合わせ下さい。

製品について

  • Q1

    説明書はどこから確認できますか?

    シャルター、テント、タープに関しましては、説明書は右上のMENUより閲覧・ダウンロードが可能です。SABBATICAL(サバティカル)の製品は、説明書が製品に同梱されておりませんので、右上のMENUよりご確認をお願い致します。また、スリーピングバッグには説明書はございません。

  • Q2

    使用しない間はどのように保管すればよいでしょうか?

    シャルター、テント、タープ:必ず完全に乾かしてから通気性の良い場所で保管してください。可能であれば、収納袋から出した状態で余裕を持った状態での保管が理想的です。
    少しでも湿った状態で本製品を長期間保存することは避けてください。カビの発生、悪臭、色移り、生地の劣化の原因となります。使用後は毎回、通気の良い場所で完全に乾かしてから収納し、保管してください。乾燥時は、生地と生地が触れ合わない方法での乾燥をお勧め致します。

    スリーピングバッグ:必ず完全に乾かしてから通気性の良い場所で保管してください。汚れているときには、洗濯をし、完全に乾かしてから、付属のストリージバッグに入れて保管してください。洗濯方法はQ11をご確認くださいませ。

  • Q3

    コットン生地は防水ですか?

    防水性はありません。SABBATICAL(サバティカル)製品のTC生地は天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルの混紡繊維です。生地の性質上、雨に濡れるとコットンが膨張し、雨の浸入をしづらくする効果がありますが、完全に防水をする事はできません。また、素材の特性上シーム処理ができない為、縫い目からの雨の浸入が部分的に発生する場合もございますので、予めご了承ください。その代わりに、抜群の遮光性と通気性を兼ね備えておりますので、夏は涼しく過ごせます。

  • Q4

    テント内で火をつかいたいのですが、防炎加工されていますか?

    SABBATICAL(サバティカル)製品は防炎加工がされていません。本製品には、TC生地は天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルの混紡繊維が使用されており、生地自体の水分量が多いために燃えにくい素材ですが、火気厳禁です。火災や酸欠、一酸化炭素中毒などの恐れがあり大変危険です。火器の使用はもちろん、付近に火を近づけないでください。

  • Q5

    車に収納する際の必要なサイズを教えてください。

  • Q6

    アクセサリーパーツのみ、追加購入できますか?

    現在は修理対応のみのパーツのご用意となります。アクセサリー類の販売は今しばらくお待ちください。

  • Q7

    TC素材(混紡素材)について

    TC生地は、天然繊維と化学繊維の混紡繊維ですので、織りムラや織キズ、染色ムラが生地の特性上、どうしても出てしまいます。ご了承の上、お買い求めくださいませ。下記が具体的な例になります。

    参照1

    参照2

  • Q8

    設営動画はありますか?

    「アルニカ」、「ギリア」 のみ現在ご用意がございますが、詳細は必ず取扱説明書をご確認くださいませ。

    アルニカ設営動画

    ギリア設営動画

  • Q9

    スリーピングバッグの羽毛の臭いが気になるのですが?

    SABBATICALのスリーピングバッグでは、国内の羽毛加工メーカーである河田フェザーで洗浄・加工・脱臭が行われた羽毛を使用しておりますが、アヒルの羽毛を使用している為、動物臭を完全に除去することはできません。これはSABBATICAL製品を含む、ダウンが使われている製品すべてにいえることです。臭いが気になられる場合には、ダウンのスリーピングバッグではなく、化繊を使用したスリーピングバッグをご検討ください。また、しっかりと乾燥させてから保管することが重要です。湿気がこもった状態で保管をされますと臭いの原因となりますので、使用後には一度風通しの良いところでしっかりと乾燥させてから、ストレージバッグに入れて通気性の良い場所で保管してください。乾燥・保管をする際には、裏返しにするとより効果的です。

  • Q10

    スリーピングバッグの羽毛が黒いのですが、汚れですか?

    SABBATICALのスリーピングバッグでは、国内の羽毛加工メーカーである河田フェザーでしっかりと洗浄・加工された羽毛を使用しておりますので汚れではございません。多くは白い羽毛ですが、色のついた羽毛も混在します。品質には問題ございませんので、ご安心くださいませ。

  • Q11

    スリーピングバッグの羽毛が抜けるのですが、不良ですか?

    スリーピングバッグは、縫製した針の穴の目止めを行っておりません。この針の穴と糸の間にはすき間があります。そのすき間から羽毛が出る場合がございますが、保温性能を落とすほどの羽毛抜けが起きる心配はございませんのでご安心ください。また、「スモールフェザー」と呼ばれる尖った軸をもった羽毛が生地に刺さって出てきた場合には、引っ張って抜き取らずに内側からつまんで寝袋の中に戻してください。

  • Q12

    スリーピングバッグの洗濯方法は?

    洗濯することができます。正しく洗濯することで、羽毛自体が吸収した湿気や汚れを落とすことができ、羽毛本来の保温性や品質を長持ちさせることができます。洗濯方法はYOUTUBEよりご確認くださいませ。
    ※オーロラDXを洗濯する場合には、本体を裏返しにしてから洗濯してください。

  • Q13

    スカイパイロットTC+マリポサTC Lの連結はどうやってやるのですか?

    スカイパイロットTC+マリポサTC Lの連結

    スカイパイロットTC+マリポサTC Lの連結
    【設営手順】
    スカイパイロットTC設営をし、マリポサTC Lを設営
    【設営時の注意】
    スカイパイロットTCの正面のサブポールを差し込む、上部のウェビングテープに細引きでループを作り、TarpPole 240 AL(1節抜いた状態180cm)を差し込んでください。その上からマリポサTC Lの三角金具に差込み、マリポサTC Lを設営してください。
    ※付属のスチールポールで連結されますと、強度が足りずポール破損しますので、絶対に行わないでください。

  • Q14

    モーニンググローリーTC+マリポサTC Mの連結はどうやってやるのですか?

    モーニンググローリーTC+マリポサTC Mの連結

    モーニンググローリーTC+マリポサTC Mの連結
    【設営手順】
    モーニンググローリーTC設営をし、マリポサTC Mを設営。
    【設営時のティップス・注意】
    モーニンググローリーTCのフロントポールを差し込む、上部のウェビングテープのリングに、TarpPole 240 AL(1節抜いた状態)を差し込んでください。その上から、マリポサTC Mの三角金具に差込み、設営をしてください。
    ※付属のスチールポールで連結されますと、強度が足りずポール破損しますので、絶対に行わないでください。

    【設営時のティップス・注意②】

    【設営時のティップス・注意②】
    マリポサTC Mの三角金具に差込んだ上から、モーニンググローリーTCに付属するフロントポールのリングに取り付ける3mロープを利用し、タープが外れないように真下にペグダウンしてください。

  • Q15

    モーニンググローリーTC+マリポサTC M+モーニンググローリーTCの連結はどうやってやるのですか?

    モーニンググローリーTC+マリポサTC Mの連結

    モーニンググローリーTC+マリポサM+モーニンググローリーTCの連結
    【設営手順】
    モーニンググローリーTCを1つ設営し、マリポサTC Mを連結し、マリポサTC Mのサイズを確認し、もう一つのモーニンググローリーTCをマリポサTC Mが収まるように配置し、設営したのち、マリポサTC Mを設営。
    ※マリポサTCをきれいに張る為には、モーニンググローリーTC同士の配置が非常に重要であり、難易度は高いです。

    【設営時のティップス・注意①】
    モーニンググローリーTCのフロントポールを差し込む、上部のウェビングテープのリングに、TarpPole 240 AL(1節抜いた状態180cm)を差し込んでください。その上から、マリポサTC Mの三角金具に差込んでください。
    ※TarpPole 240 AL(1節抜いた状態180cm)が2本必要です。
    ※付属のスチールポールで連結されますと、強度が足りずポール破損しますので、絶対に行わないでください。

    【設営時のティップス・注意②】

    【設営時のティップス・注意②】
    マリポサTC Mの三角金具に差込んだ上から、モーニンググローリーTCに付属するフロントポールのリングに取り付ける3mロープを利用し、タープが外れないように真下にペグダウンしてください。
    ※連結箇所2ヵ所とも同じようにペグダウンしてください。

    【設営時のティップス・注意③】

    【設営時のティップス・注意③】
    マリポサTC Mの片側を落とし込むように設営する場合には、サイドポールを別売りのUprightPole160-180 ALの中央の節を抜いて使用して頂けますと、丁度良い長さになります。

修理について

  • Q1

    テントの修理はできますか?

    SABBATICAL(サバティカル)では自社にて可能な限り、修理を承っております。 ご使用や経年による破損などの修理に関しましては、適正な価格で修理をさせて頂きます。 製品やパーツの廃盤により資材の入手が困難な場合や、製品の状態によっては修理ができない場合もございますので、予めご了承ください。修理については、状況・程度により金額が異なりますので、予めご了承くださいませ。
    修理品をお預けの際は、製品を乾燥させた状態で汚れを取ってからお預けください。水気や汚れのあるものは、修理作業の妨げになります。弊社の方で、修理前に一度それらを取り除く作業を行った場合には、コストと時間に影響がでてしまい、結果的にお客様へのご負担が増える場合がございます。ご理解の程、宜しくお願い致します。
    パーツ価格例:アルニカ、ギリアのポールは1節で税込1,100円となります。お問い合わせページよりお問い合わせくださいませ。

  • Q2

    スリーピングバッグの修理はできますか?

    SABBATICAL(サバティカル)では可能な限り、修理を承っております。スリーピングバッグに関しましては、製造元である(株)ナンガにて修理を賜っております。お客様の費用負担を押さえるため、直接の修理依頼をお願いしております。詳細は、下記よりご確認くださいませ。
    URL:https://nanga.jp/repair/




その他質問について

  • Q1

    どこで購入できますか?

    SABBATICAL(サバティカル)の製品はA&Fカントリー各店舗で販売をしております。詳細は下記の取扱店一覧をご確認お願い致します。
    取扱店一覧はこちら

  • Q2

    どこで予約できますか?

    ご予約は現在承っておりません。

  • Q3

    次回の入荷時期はいつですか?

    2021年前半の入荷は、3月、4月、5月頃を予定しております。

    3月:スカイパイロット、モーニンググローリー、モーニンググローリーインナーテント、マリポサM、マリポサL

    4月: スカイパイロット、モーニンググローリー、モーニンググローリーインナーテント、 アルニカ、ギリア、ルピネM

    5月:アルニカ、ギリア、ルピネL

    ※入荷時期はあくまで現時点での予定となりますので、予めご了承ください。 入荷日、販売方法等、決まり次第、当ブランドサイトのニュースページにて発表させて頂きます。 製品の安定した供給に向け、鋭意努力いたす所存でございますので、どうかご理解頂きお待ち頂けますようお願い申し上げます。

  • Q4

    2021年の新製品の発売時期はいつですか?

    【スリーピングバッグ各種】4月9日発売
    【スカイパイロットインナーテント】5月下旬頃予定
    【ポールなどのアクセサリー類】7月中旬頃予定

  • Q5

    展示会の予定はありますか?

    SABBATICAL製品展示スケジュール
    下記の日程にて、展示を行わせて頂きます。
    なお、野外展示に関しましては、悪天候などの場合に安全を考慮し中止させて頂く場合もございます。予めご了承ください。中止の際の告知は各店舗のインスタグラムにて個別に行わせて頂きます。

    ●A&Fカントリー 福岡店
    展示場所:店内
    展示モデル:アルニカ、ギリア
    3月26日(金)~4月5日(月)まで
    営業時間:10:00~20:00

    ●A&Fカントリー 札幌店
    展示場所:店内
    展示モデル:ギリア
    展示期間:3月29日(月)12:00~4月25日(日)20:00まで

    展示場所:店舗前スペース
    展示モデル:モーニンググローリーTC
    展示期間:3月29日(月)12:00~4月5日(月)20:00まで

    展示場所:店舗前スペース
    展示モデル:アルニカ
    展示期間:4月6日(火)12:00~4月11日(日)19:00まで

    店舗営業時間:10:00~20:00

    ●A&Fカントリー 昭島アウトドアヴィレッジ店
    展示場所:昭島アウトドアヴィレッジ屋外芝生広場
    展示モデル:スカイパイロットTC、モーニンググローリーTC、アルニカ、ギリア、マリポサ、ルピネ
    ※マリポサ、ルピネはM、Lサイズのいずれかの展示となります。
    【日程】
    4月3日(土)10:00~17:00
    4月4日(日)10:00~16:00

    ●A&Fカントリー 松本店
    展示場所:信毎メディアガーデン1Fホール
    展示モデル:スカイパイロットTC、モーニンググローリーTC、アルニカ、ギリア、マリポサ、ルピネ
    ※マリポサ、ルピネはM、Lサイズのいずれかの展示となります。
    4月3日(土) 10:00~16:30
    4月4日(日) 10:00~16:00

    ●A&Fカントリー ささしまライブ店
    展示場所:店舗前アトリウムスペース
    展示モデル:アルニカ、ギリア
    4月3日(土) 11:00~18:00
    4月4日(日) 11:00~18:00

    ●A&Fカントリー 福岡店
    展示場所:店内
    展示モデル:アルニカ、ギリア
    3月26日(金)~4月4日(日)まで
    営業時間:10:00~20:00

    コロナウイルス感染症の感染拡大防止の為、マスク着用にてご来場をお願い致します。また、発熱や咳などの症状がある方や体調に不安のある方は、ご来場をお控えいただきますようお願い致します。

  • Q6

    テントの生地の種類によるメリット、デメリットは?

    テントの生地の種類により、メリット、デメリットがございますが、お客様のキャンプスタイルに合わせてご検討ください。SABBATICAL(サバティカル)では、TC素材を採用しております。各生地の素材上の特徴は下記のようになっております。

    TC素材(混紡素材)【快適性◎】

    天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルの混紡素材。コットンの良さを受け継ぎながら、デメリットを軽減した素材。

      メリット

    • 通気性がよく、涼しい。
    • 高い遮光性。
    • 火に強い。
    • 乾きやすい。

      デメリット

    • 重い(コットン100%よりも30%程軽量)
    • 濡れたまま保管するとカビやすい。
    • 防水ではない。

    ナイロン・ポリエステル【軽量で防水】

    樹脂を原材料とした化学繊維。表面にフッ素樹脂、またはシリコーンの撥水加工と、裏面にポリウレタンの防水加工を施したものが多い。

      メリット

    • 軽量で小さく畳める。
    • 軽く設営がしやすい。
    • ポリウレタンが剥離しない限り、雨を防水する。
    • 裏面にポリウレタンの防水加工を施されているものは、熱が逃げにくく温まりやすい。

      デメリット

    • 火に弱い。
    • 裏面にポリウレタンの防水加工を施されているものは、通気しないため熱がこもりやすい。
    • 裏面にポリウレタンの防水加工を施されているものは、加水分解する。
  • Q7

    保証期間・サービスについて教えてください。

    SABBATICAL(サバティカル)製品の保証については初期不良に対してのみ保証を設けております。 お買い求め頂きました製品は数々のテストと検査をした後に販売しておりますが、万一不備がございましたら、お買い求めいただいた販売店にご連絡ください。 製造上の欠陥による不具合の場合は無償で修理または交換をさせていただきます。なお、修理、交換などの要否につきましては、弊社の裁量にてご判断させていただきます。 なお、以下のような原因での破損などつきましては保証いたしませんのでご了承ください。

    • 本製品の誤った使用方法によるもの
    • 間違ったお手入れ、保管方法、経年変化やUVによる素材劣化によるもの
    • その他、製造上の欠陥以外の原因によるもの
    • 注意タグが製品についていない場合
    • 初期不良に気付いてから、一定期間が経過してからご連絡を頂いたもの。その後、数回使用されたもの(※初期不良が発覚した場合には、すぐにご連絡ください。)
  • Q8

    テント・タープの寿命はどれくらいですか?

    使用方法、使用回数、保管方法などによって異なります。ご使用後は完全に乾燥させ、通気性の良い場所で保管くださいませ。湿度の高い場所での保管や、不完全な乾燥状態で長期間収納ケースに入れたままですと、幕体の劣化が進行する場合がございますのでご注意くださいませ。